個人の眼科クリニックで体験した怖いこと…

個人で経営している訪問診療なら城東区の内科で眼科クリニックに定期的に通っています。なぜなら、使い捨てのコンタクトレンズを受け取るためです。私が通っている平野で評判の病院は、診察もいい意味でも悪い意味でも素早くて、「ただコンタクトレンズを受け取りたい」という目的だけで通っている私としては、非常に助かるといったところです。なぜって、「診察をしていない」とも言えるほどに、素早いものですからね。ですから短時間で使い捨てのコンタクトレンズが受け取れるので楽ですよ。

しかし、「目の診察」となりますと、この個人で経営している伊丹で評判の病院は不安が多いのですよね。まず、院長が還暦をとうにすぎたご老人ですから。いや、年齢で判断してはいけないというものですが、けれど不安を覚えざるを得ないほどのご老人な上に、診察も「?」を出してしまうほどに頼りなかったりしますので。

しかも一度、本気で物忘れをしていたと見受けられることがあって、それ以来もう怖いですね。とは言え、コンタクトレンズの受け取りは便利ですので、支持はいしいますし今でも利用していますけれど。でも、目の診察は遠慮したいかなーと思っています。