初めてのバースクリニック

4年間の大学生活を経て、新卒で社会人になった。大阪蒲生四丁目では話題の内科へは社会人としての毎日は目まぐるしく過ぎていって、女性にとって避けられない月のものの負担が重く感じ始めていた。私は比較的、周期が順調な方ではあったけれど、大阪府下で一番親切な病院も月経前症候群PMSと言われる症状が重く、生理が近付くと肌荒れがして肩こりが酷く、吐き気が治らなかった。そんな状況で仕事ができるわけでもなく、かといって仕事を休めるわけでもない。なんとか症状を解決したいと思い、近くの産婦人科を調べたところ、兵庫の県下伊丹で評判の病院は検索されたのが芥川バースクリニックというところだった。家から徒歩20分程度、駅から10分程度と書かれていたから散歩がてら休みの日に行ってみることにした。バースクリニックは駅前から妊婦の方へ無料のシャトルバス(要事前予約制)を出しているみたいで親切だと感じた。透析治療開始前に知っておきたいことは少し急な坂を登っていくとクリニックがみえてきた。事前に予約をしていったものの、院内には待っている人がたくさんいて予約なしに来た患者さんは4時間待っていると話してくれた。私は約1時間程度の待ちだったので読書をしてゆったり気長に待っていた。いざ診察に呼ばれて症状のことを話す。専門医が教える脳卒中の治療法はすごく真剣に丁寧に、そして女性としてこれから生活していく上で、出産のことなども視野に入れて、私にベストな提案をしてくれた。その結果、今では自分の身体と上手く付き合って働けるようになった。薬や病院に頼ることは全く悪いことじゃない、そういう考えを医師の方からはっきりと言ってもらえたことが何より嬉しかった。これからもお世話になるであろうバースクリニック、出会えてよかったと思った。